企業看護師(産業看護師)になるための求人探し・採用対策のポイント

企業看護師(産業看護師)になるための求人探し・採用対策のポイント

企業看護師(産業看護師)になるための求人探し・採用対策のポイント

看護師の仕事は、高い専門的な医療知識と技術を修得して国家資格に合格して初めて従事できる社会的貢献度が非常に高い仕事です。
かつては過酷な仕事の代表核として不名誉なランキングをされていたこともありました。
現在では多少は改善されてきているとの声も聞かれますが、労働環境に疑問を感じて仕事を離れる人も少なくないようです。
病院看護婦の転職希望先として人気が高いのが企業看護師です。
一般企業で働く看護師のことです。
看護師が活躍できる勤務先は、実は病院やクリニックだけではないのです。

企業看護師(産業看護師)になるためには、国家資格と実務経験が最低限の条件です。
かといって病院看護師ならば誰でもなれる訳でもないのが、この求人の難しさです。
病院看護師に比べると、労働環境のみならず給与体制・休暇取得状況などの待遇が良いとされているため、応募が殺到しています。
企業に従事する看護師の求人の割合は、病院看護師の求人数の10%程度あるいはそれ以下とも言われています。
こうした状況から募集の広告などは大々的に出せない状況が続いているようです。

もう一つの壁として、転職活動の方法が挙げられます。
同じ看護師であっても企業ごとに求める人材は異なるため、その要望に自分が叶う人材であることを的確にアピールする必要があります。
つまり履歴書・面接などは全て企業ごとに傾向と対策を十分に練らなければなりません。
企業によっては、医療専門用語を和訳できる英語力や保健師の資格あるいは特定の講習を受講すること等が条件になっていることもあるようです。
同じ看護師であっても、異なる分野へ足を踏み入れるためには、頭を切り替えて必要な情報を入手して状況をしっかりと見極めていきたいものです。