企業看護師(産業看護師)の給料・年収

企業看護師(産業看護師)になるための求人探し・採用対策のポイント

企業看護師(産業看護師)の給料・年収

病院やクリニックに勤務するのではなく、一般企業に従事する看護師を企業看護師あるいは産業看護師と言います。
看護師の呼び名と勤務先が異なると、気になるのが給与や年収も異なるのか、という点でしょう。
結論から言うと、一般的な病院勤務の看護師の場合と大きな差はないと言われています。
病院勤務の看護師の平均年収は400~600万円の範囲であり、企業勤務の看護師のでもそれに準ずる金額になっていることが多いようです。

違いが生じる項目として経験年数や勤務地域・働き方も関係するため、平均年収の金額の範疇だとは断言できないのが実情です。
働き方としてフルタイムやパートタイムといった種類がありますが、パートタイムにしても年収200万円未満から400万円あるいは600万円程度とも言われています。
このように、企業勤務の看護師イコール高給取りという方程式は必ずしも当てはまらないことがよくわかります。

看護師というと、「激務」「深夜労働」「薄給」といったイメージがあるかもしれません。
しかし企業勤務看護師で年収が400万円以上になっているケースでは、勤労と給与のバランスについて大方満足しているとの声が聞かれています。
金銭的に満足がいく職場を求めて企業勤務の看護師を目指す人たちが近年増加しているようです。

その中でもクリニカルコーディネーターが人気です。
この仕事内容は、会社の社員と共に医療関連の開発や推進・アドバイザー的な役割を担っています。
そのため、対社会的な貢献度を実感できる仕事を求めている人にとっては大変魅力的とも言えるのです。
クリニカルコーディネーターはいわば医療現場と医療関係企業との懸け橋的な役割を果たすことになるので、病院内とは異なるやりがいを感じることが出来るでしょう。